■TOPに戻る■ 関連ページ 最新

[PR]

FC2Ad

[PR]
スポンサーサイト
1 :ユスケ :--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





トラックバックURL:http://mainitigamanndokuse.blog60.fc2.com/tb.php/166-799e5fdb
100 KB? [ FC2が運営している 超格安料金 レンタルサーバー ]

新着レスの表示

掲示板に戻る 全部
名前: E-mail:


Pass:
URL.:


お兄ちゃんどいてそいつ殺せない
1 :ユスケ :2007/04/06(金) 21:07:37
頭から離れない
其のニ
お兄ちゃんどいてそいつ殺せない

モウダメポ





「晴れ所によりアメ」

法廷に一人立つ男
彼は罪人
彼の犯した罪は許されることはなく
彼にはそれ相当の罪の対価を払う時が来ていた

しかし彼を裁くには決定できな証拠がなかった

しかしある日ひょんなことから証拠は現れた

「新しい証拠を提示します」
検事の言葉に彼は焦っていた
使ったナイフは処分した
指紋も残していない
アリバイも作った
なにを間違った

彼はそんな顔をしていた

「証人前へ」
私は少し前に歩き出す

彼はしまったという顔をしている

私は事件の一部始終を話し始めた
彼はもう下を向いてしまっている

「判決を下す」
なぜか彼ではなく私の喉がゴクリと鳴る
彼はもう諦めているようで開き直っている

「15人の殺害とその死体遺棄の罪
その手口は残忍で犯行は計画的に行われた」
彼はもう聞いてやいやしない

「死刑」

周りの人間はそりゃそうだろうなんてうなずいている
彼も肩をすぼめてやれやれといっている

周りの人間は良くやったとかすごいぞとかはやし立てるけど
こっちには関係ないことだ
おまけに良かったななんていう奴も出てくる

良くなんてまったくない
人が殺されるところを見せられて
そしてその死体をバラバラにしてビニールのゴミ袋に楽しそうにつめている人間を見せられて
彼と眼が合って
何時口封じに来るか解らない恐怖にさい悩まされて
いい気分になるはずがない

しかし社会から見れば自分は英雄なんだろう
完璧だった彼の計画を破った人間なのだから

法廷の外では記者が面白おかしく記事を書くために必死になっている
何処かの戦場のワンシーンのように飛び散る火花
ざわめき

五月蝿い

記者を書き分けて車に乗り込む
ボリュームを最大まで上げてスピーカーからの音楽に耳を傾ける

外は晴れだと言うのにやたら視界がぼやける
今日は雨だったのかとワイパーをかけてもいっこうに曇りは取れない
眼がおかしいのかと触ってみる
ひんやりとした感覚
指先にまとわりつく水滴
手のひらで拭う
拭いても拭いてもあふれ出す
眼を取り出して留めてやりたくなるほどあふれ出す

もう拭くのをあきらめてただ流れ出す涙の止まるのをじっとまつ

何でないてるんだろう

よくわからない

誰かに毒を飲まされたわけでもない
花粉症でもない

さっきまで何をしていたんだろう
ただ彼の罪を暴いただけ
悲しみより達成感のほうが勝っている
じゃぁこれはうれし泣きか

そんなに嬉しくはない
では悲し泣きか

悲しくはない
ではなに

眼をつぶる
音楽を消す

聞コエルハ鼓動ノミ
感ジルハ罪ノ意識

私がいったい何の罪を犯したというのか
何をしたというのか

ナゼ俺ヲ殺シタ
死ニタクナカッタ

誰も殺してはいない
殺していたら彼では泣く私があの場所に立っているはずだ

オマエサエイナケレバ
オマエサイキエテイレバ

そうか
私は彼の罪を暴くことによって彼を殺した

社会的にはなんとも言われないが私は言葉と情報と言う武器を使って彼を確かに殺した

私のこの涙は罪悪感だったんだな


五ヵ月後



死刑になった。
ん  さ
だ  れ
。  た私のせいで。
   。

眼の前のスピーカーのボリュームを上げる

あぁやっぱり今日も雨か
スポンサーサイト



トラックバックURL:http://mainitigamanndokuse.blog60.fc2.com/tb.php/166-799e5fdb
100 KB? [ FC2が運営している 超格安料金 レンタルサーバー ]

新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 コメント(0) トラックバック(0)
名前: E-mail:


Pass:
URL.:


2ch-read.cgi風 ver 00.0.0.2 2005/01/27
ユウ◆ 悠々蒼天 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。