■TOPに戻る■ 関連ページ 最新

[PR]

FC2Ad

[PR]
スポンサーサイト
1 :ユスケ :--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





トラックバックURL:http://mainitigamanndokuse.blog60.fc2.com/tb.php/153-f86d32fa
100 KB? [ FC2が運営している 超格安料金 レンタルサーバー ]

新着レスの表示

掲示板に戻る 全部
名前: E-mail:


Pass:
URL.:


vip
1 :ユスケ :2007/02/05(月) 22:28:20
昨日は2chのニュー速vipでスレ立ててきました

以下は2chのネタがわかる方
もしくはある程度ならわかる方のみどうぞ

投稿をコピペしたものなので読みにくいかもしれません



('A`)ドクオが王様になるようです

1 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 22:59:31.28 ID:E70adW+v0
むかしむかしのおはなし
よっつのくにがあらそっていたじだい
まだまちにくるまもなかったじだい
せいぎがぜったいとされていたしだい
ひとりのせいぎをあいしすぎたがためになやむあくのおーさまのおはなし


2 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:00:09.88 ID:+7uWWxCk0
これは期待できない


3 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:00:20.97 ID:E70adW+v0
預言書の一ページより
大地を4つに割りて戦うものあり
1つに偉大なる悪誕生しせる
偉大なる悪の王の誕生より3年後の2/14
強い正義を持つもの現われ正義のために悪を貫くであろう
その正義の軍数は少なけれど大きな敵を食いつぶすであろう
その正義を恐れ4つに割れた大地は2つになり争いあうであろう
その正義は誰にも理解されず悪と呼ばれ後に世界を脅かすであろう
いずれ自ら滅び世界はより平和になるであろう
そして2/14に正義は悲惨な最期を迎えるであろう


4 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:00:44.51 ID:p4QTVyed0
でも期待、


5 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:02:44.68 ID:E70adW+v0
>>1です
へたれだけど
最後まで付き合ってくれたらうれしいかなと思ってます
誤字脱字はチェックしますがありましたら脳内変換よろしくおながいしまつ


6 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:03:36.76 ID:E70adW+v0
第一章~始まり

時は恐怖の大王の誕生のちょうど3年前

('A`)また戦いかマンドクセーナ
( ゚∀゚)次は胡瓜国に五万の兵をおくれ追い撃ちをかけろ
('A`)まさに戦闘狂だな…
( ゚∀゚)今日も勝ったからパーテー開くぞ
('A`)父は戦いに優れていた、しかしそれ以外は最低だった
( ゚∀゚)パーテーはあのヒィンガーボールが一番水飲みやすくていいな
('A`)…神は残酷すぎたかもしれない


7 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:04:08.84 ID:E70adW+v0
('A`)ある日いつものように戦の準備をしてると父がいったんだ
( ゚∀゚)もっと強い兵器が欲しいから田代砲つくれ
それが悪への第一歩だった
そして田代砲が届いてから父は代わってしまった
( ゚∀゚)病院なんか知ったことか潰して突き進め
('A`)戦いで関係のないところも絶対的な力によって潰していったのであった


8 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:04:43.14 ID:1jBTykaf0
>>3オチ丸分かりな件


9 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:05:35.02 ID:E70adW+v0
そのあまりの絶対的な力のために隣国の胡瓜国とvip国は同盟を組んでいた

(゚д゚)…やつは
(ヽ^ω^)わかったお同盟組むお
(゚д゚)強くなりすぎた
(ヽ^ω^)一緒にプーンするお
(゚д゚)…
( ヽ^ω^)悪魔倒すお
⊂ニ(゚д゚)⊃プーン
(ヽ^ω^)馬鹿やってないで早く作戦練るお
(;д;)


10 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:07:20.94 ID:0jG9Id3hO
>>8
まあそう言うな。
暖かく見守ろうぜ


11 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:07:45.44 ID:E70adW+v0
毒男国からどんどんと周りの国は離れていった

ξ'⊿')ξ手加減を知らないのかしら
ξ゚⊿゚)ξまったくそうよね
ξ'⊿')ξこれじゃ悪よね

しかし父の行為はとどまることを知らなかった
 
( ゚∀゚)ブラクラ地雷を配置しろ
('A`)そこらで本でも読むか
( ゚∀゚)F5れんだしろ

('A`)父の行為は卑劣すぎた
   だからみんなに悪魔と呼ばれるようになった

(゚д゚)(ヽ^ω^)ξ'⊿')ξあーくーまー
( ゜Д゜)( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξアークーマー


12 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:08:55.91 ID:E70adW+v0
('A`)俺はひたすらに部屋に引きこもって正義について学び続けた
( ゚∀゚)ブラクラブラクラー
('A`)マンドクセーガ俺は正義を愛していた
   だがそれ故に父を許せはしなかった
( ゚∀゚)おkブラクラget
('A`)いつか自分が正義のヒーローになって父を退治するのだと叶わぬ幻想を抱いていた


13 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:09:46.46 ID:E70adW+v0
父という悪魔の誕生から早一年
( ゚∀゚)もっと攻撃汁攻撃攻撃攻g(ry  
('A`)父は狂ったように…訂正もともと狂っていた
   ごほん
   父は攻撃を繰り返していたそれこそ馬鹿のひとつ覚えのように
( ゚∀゚)彡攻撃攻g(ry
('A`)父の攻撃のおかげで胡瓜国とvip国の絆は強くなっていた

( ヽ^ω^)一緒にプーンするお
⊂ニ(゚д゚)⊃プーン
( ヽ^ω^)たのしいおー
⊂ニ(゚д゚)⊃たのしいぞー
( ヽ^ω^)アハハハ



14 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:10:16.50 ID:E70adW+v0
( ゚∀゚)彡攻撃攻g(ry
攻撃しかしない父はいつしか馬鹿と呼ばれていた
('A`)馬鹿な悪魔と呼ばれるようになったな父よ
( ゚∀゚)…うましか?
('A`)馬鹿だよバカ父さん
( ゚∀゚)バカ?
('A`)そうですあなたを馬鹿です
( ゚∀;)うぅぅ

('A`)父は悪魔というフレーズより馬鹿のほうを気にしたのであった


15 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:10:48.12 ID:E70adW+v0
('A`)それから数日後に父はバルキメデスの公式がすべて解決してくれるからと立ち直った
( ゚∀゚)彡バルキメデスバルキメデス
('A`)父は余計に馬鹿だといわれた


16 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:12:22.23 ID:E70adW+v0
( ゚∀゚)今回はバルキメデスの法則にしたがって山から攻める
('A`)父は馬鹿だといわれていたが戦では右に出るものはいなかった
( ゚∀゚)今回の作戦命は小山のお猿さんだ
('A`)ネーミングセンスも最悪だった
( ゚∀゚)水族館作戦、ウルトラB作戦、夜鳴き作戦
('A`)神様はなんて(ry


17 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:13:13.96 ID:E70adW+v0
そして馬鹿悪魔の誕生から2年物語りは急展開を見せる

毒男城に迫る3つの黒い影

|/゚U゚|激しく無事毒男城潜入したり
|/゚U゚|これより作戦開始
|/゚U゚|いざまいう

その影は激しく華麗に城の最上階までやってきた

|/゚U゚|激しくサーチ
|/゚U゚|激しく発見
|/゚U゚|激しく暗殺

( ゚∀゚)バルキメデスならなんとかしてくれr

こうして馬鹿な悪魔は死んだのであった


18 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:14:02.94 ID:E70adW+v0
|/゚U゚|激しく任務完了
|/゚U゚|激しく脱出
|/゚U゚|激しく同意

('A`)そこだれかいるのか?

|/゚U゚|激しく人の気配
|/゚U゚|激しくピンチ
|/゚U゚|激しく逃走

|/゚U゚|激しくポストに退避
|/゚U゚|激しく窒息の予感
|/゚U゚|激しk

('A`)…気のせいか

この三人は後に毒男城のなかのポストの中で遺体で見つかった

取りあえず第一章end
短くてごめんなさい



19 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:18:34.09 ID:E70adW+v0
予想通り人がいないので安心して投下

第二章~始まりの終わり

父が殺された次の日に葬儀は行われた

('A`)父さん僕どうしたら良いんだよマンドクセーヨ

ドクは王のジョルジュが死んだことにより自動的に毒男国の王様になっていた

( ゚∀゚)グリーンダヨ
('A`)…
なんだか知らないがいらついたので仏壇を殴っておいた


20 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:18:52.64 ID:E70adW+v0
('A`)カテェェ
仏壇を殴った後予想以上の硬さに狂気のダンスを踊っているとツンが現れた
ξ゚⊿゚)ξ今回の件は本当に残念ね
('A`)なんだツンか
ξ゚⊿゚)ξ何よこんな美人が来てやってるのに
('A`)頼んでないけど(自分で美人って言う奴がどこにいるんだよ
ξ゚⊿゚)ξあらそう
('A`)じゃあなにか俺が気になったか
ξ///)ξべっべつにあんたが心配で見に来てあげたわけじゃないからね
('A`)茶でも飲んで帰るか?
ξ///)ξそうするわ
('A`)爺茶を出せ茶だ
('A`ミはいただいま


21 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:19:17.64 ID:E70adW+v0
('A`)しかし馬鹿な父でも死ぬんだな…
('A`ミ人はいつしか死ぬものです
ξ゚⊿゚)ξそうよ
('A`)そうだな…若いうちにいろいろしないとな
ξ゚⊿゚)ξそうね若い頃に…
('A`)おい爺お前の若かった頃の絵とかないの?
('A`ミいきなりなんですか?
('A`)ぜひ観たいと思ってね
ξ゚⊿゚)ξなに?それあるの?見たーい
('A`ミ有るには有りますが・・・
('A`)なんだ?みられたくないのか?
('A`ミそんなことは…
('A`)ならみせろよ
('A`ミわかりました…こちらです
ξ゚⊿゚)ξこれは…
('A`)馬鹿な…
('A`ミだから見せたくなかったのに
ξ゚⊿゚)ξドクそっくり…
('A`)…
ξ゚⊿゚)ξあんた年取ったら黴生えてくるのね
('A`)いやぁぁぁぁ
('A`ミこれは黴ではなく毛ですぞ毛
ξ゚⊿゚)ξやーい未来の黴男ー


22 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:20:13.38 ID:E70adW+v0
葬式が終わってからはまた戦いの日々が待っていた
悪魔ジョルジュがいなく後でも胡瓜国とvip国の攻撃はやむことを知らなかった

('A`)取りあえず今は守っとけ攻めるのマンドクセーから

ドクはひたすら見守り続けた

ドクのこの姿勢おかげでどんどん毒男国は衰退していった300万いた兵もすでに250万を切っていた
一方胡瓜国とvip国の両国は戦後の領地の配分でもめていた

(゚д゚)この戦い勝ったらここ俺の領地な
( ヽ^ω^)ずるいおそこはおいらのだお
(゚д゚)てめえはプーンでもやってろ
(ヽ# ^ω^)ピキピキこっちにんなだおきもちわるいお
(#゚д゚ )ァ?

('A`)考えるのマンドクセ

こういったことが2年間続いて気付いた頃には四国すべての王また王女が入れ替わり
毒男国の兵数は2000万となり胡瓜国とvip国の間の絆は今にも切れそうになっていた



23 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:20:59.76 ID:E70adW+v0
そんなある日保守に飽きた毒男国の練炭兵150万が命令を無視して胡瓜,vip両国に攻め入ったのであった

l;;'A`!シニバショヲヨコセー
l;;'A`!セー
l;;'A`!セー

いきなりの攻撃とその圧倒的な数によって2つの国は混乱に陥った

( ゜Д゜)なんじゃゴルァ!!
( ^ω^)圧倒的過ぎるお

再び危機を感じた両国は再び同盟を結ぶことを決めた

( ゜Д゜)よろしくだゴルァ!
( ^ω^)よろしくだお
( ゜Д゜)ブーンはやらないかr
⊂二( ^ω^)⊃ブーン
( #゜Д゜)

こうして手を組んだ両国の力によって練炭兵はどんどん数を減らしていった

l;;'A`!ボクハココデシヌンダナ
l;;'A`!ヤットシニバショミルケタ
l;;'A`!イテ

こうしてほとんどの練炭兵を失った毒男国は2つの国からの攻撃に必死に耐えるしかなかった


24 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:22:49.96 ID:E70adW+v0
('A`)正直守るのマンドクセ

ドクもこのままではいけないと思った
しかしこの間の四国は小さい戦いはあるものの平和だった
ドクは考えた
ドクは頭がよかった
この四国が平和になった時期
それは父が圧倒的な武力を持っていたときの時代であった
胡瓜vipの両国はあまりの力の前に自ら攻撃はしてこなかったし絶対中立のオリーブ国も攻撃はしてこなかった
こちらが攻撃をしなければ平和だったのだ…
しかしそれは恐怖による一時的な恐怖であり恐怖が解けてしまえば意味をなくすちっぽけな平和だった
そしてドクはわかってしまった―――なにを?
この戦争を手早く終わらせる方法を―――どうする?
それは父のやっていたあれ―――どれ?
絶対悪による絶対正義―――なんだって?
体が心が拒絶反応を起こしている―――なぜ?
今までいみきらっていた悪が正義になるなど考えたことなどなかったからだ
しかし今度こそは恐怖による平和はいらないと思っていた


25 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:24:31.09 ID:8Qod9uMDO
暖かく見守ってみる


26 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:24:39.42 ID:E70adW+v0
('A`)悪による絶対恐怖で他の国を無理やり協力状態にする…少々強引だが妙案だな
('A`ミどうしたのですか王様
('A`)いやね父はすごいんだなあと思って
('A`ミそうでしょ
('A`)ただの馬鹿じゃなかったn
('A`ミちょwwwwwコーラうめえwwwwww
('A`)…
今度の平和は最終的な結果が恐怖ではなく喜びで終わらせなくてはいけなかった


27 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:25:48.51 ID:E70adW+v0
('A`)やってやるか
ドクは悩んだ挙句正義のために悪になることに決めた
次の日からドクの苦悩の日々は続いていた
('A`)マンドクセー


28 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:26:13.45 ID:E70adW+v0
そしてある日
('A`)しかし兵力が足りない
絶対悪はまず力がなくてはいけない
しかし練炭兵の暴挙により練炭兵の数はもう少なくなっていた
('A`)こまった
('A`ミ困りましたね
ξ゚⊿゚)ξ本当困ったものね
('A`ミですな
('A`)…
ξ゚⊿゚)ξそうだ少数勢力で山を登りそこに大砲を設置して後の残りで突撃して援護射撃すれば良いんじゃない
('A`ミそれはいいですなどうです王様
('A`)うちには砲台ないし練炭兵は練炭なんだから練炭に引火したらどうする
ξ゚⊿゚)ξそうねえ
('A`ミどうしたものですかねえ
('A`)おい黴
('A`ミこれは黴ではなくふさふさですよそれにわたしはセバスty
('A`)そんなことは良いからなんでここにツンがいる?
('A`ミ遊びにいらっしゃいました
ξ゚⊿゚)ξきましたー
('A`)もう好きにしてくれ
ξ゚⊿゚)ξはーい
('A`ミツン様先ほどの続きですが砲台がだめなら投石器でも使えば…
ξ゚⊿゚)ξそれはいい考えね
('A`)はぁ~
ξ゚⊿゚)ξドクはどう思う?
('A`)もういや
ξ゚⊿゚)ξちゃんと考えなさいよ
('A`)マンドクセ


29 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:26:28.85 ID:E70adW+v0
('A`)拝啓父さん 僕はいまピンチです助けてください
( ゚∀゚)グリーンダヨ
なんだかわからないが取りあえず後で仏壇を殴っておいた



30 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:26:37.82 ID:w44w0z4c0
つまんねーーーーーーー


31 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:26:49.82 ID:E70adW+v0
その日の夜
('A`)よっぽど話し合ってたんだなこんなところで寝てやがる
そこにはテーブルに横たわる馬鹿二人
('A`ミだからそこはライトセ-バーを…むにゃむにゃ
ξ゚⊿゚)ξそこにみくるビーム発射砲台を…むにゃ
('A`)だいたい電気ないのにどうやって光学装置使うんだよおまえら
俺は二人に毛布をかけてやりその場を離れた
そして自分の部屋に帰るなりそろばんをかたかたと動かし始めた


32 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:27:59.87 ID:E70adW+v0
チュンチュン

('A`)いつの間にか朝になっていたようだ
俺は大きなあくびをひとつして食堂に向かった
お馬鹿二人組はもう朝飯を食べていた
('A`)どこに主を差し置いて召し食う執事がいるんだよ
('A`ミコーラうめえwwwwww
('A`)じじいそれはコーラではなく珈琲だぼけ
ξ゚⊿゚)ξ目玉焼きうめええええwwwwwwww
('A`)それはダシ巻きだ馬鹿が
('A`ミコーラうめえwwwwww
('A`)もういいですしんでくださいマンドクサイカラ
ξ゚⊿゚)ξそういえばドクは夜から部屋に閉じこもって何してるの?
('A`)フフフ良くぞ聞いてくれたそれは作s
('A`ミツン様!男の子の一人遊びです聞かないでやってくださいませ
ξ///)ξボッ
('A`ミ今日も私はぼっちゃまをおまもりしましたたぞ
('A`)…おい馬鹿よ夜は作戦について考えていた所だ
('A`ミぇ…男の子の一人遊びは?
('A`)しとらん 
   しかもいつから俺は王様から坊ちゃんに代わった
ξ゚⊿゚)ξ一人遊び…じゅる
('A`)変態巻き毛女お前はさっさと帰れ
   それとよだれ拭け


33 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:28:39.26 ID:E70adW+v0
('A`ミ作戦なら伊藤という姓のを選べばよいですよ占いに出ております
ξ゚⊿゚)ξそれにミクロ単位のルビーを無限に取り放題にしたら足止めできるかもよ
('A`)…?(昨日はライトセイバーとかみくるビームとかいってたような
('A`ミどうかしたのですか
('A`)…まさか
(まさかライトセイバーとは ら伊藤という姓のを選べば らいとうというせいのものをえらべば ライトうというセイのものをえらべバ ライトセイバ
そしてみくるビームは ミクロ単位のルビーを無限に取り放題 みくろたんいのるびーとりほうだい ミクろたんいのルビーをムげんにとりホウダイ)
('A`)ナッナンダッテー
('A`ミ?
ξ゚⊿゚)ξ?
('A`)いやなんでもないんだ説明マンドクサイシ
ξ゚⊿゚)ξそう
('A`)さてさて作戦会議をするここからは国家秘密だツンは退室してもらおう
ξ゚⊿゚)ξいいじゃないへるもんじゃなしー
('A`)さっさとうせろ変態マンドクセェ
ξ゚⊿゚)ξはーい


34 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:29:24.12 ID:E70adW+v0
('A`ミどうやらツン様はお帰りになられたようです
('A`)さて爺今回の作戦だが作戦名は桃太郎でいく!!(すばらしすぎてマンドクセェェェ
('A`ミ…(ジョルジュ様この子はやっぱりあなたの息子です
('A`)どう?なかなかすごくてマンドクサカッタダロ
('A`ミすごいですね(ものすごく逆の方向で
('A`)どんぶらこっことかいろいろあったんだがな
('A`ミ…(あなたの息子はいまあなたを超えました


35 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:29:40.98 ID:dPaqqHeO0
応援するが「」が無いとちょっと読みにくいかな


36 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:29:49.47 ID:E70adW+v0
('A`)名前はおいといてマンドクセーが作戦の概要を説明する
   この四国は真ん中に大きな川が流れているだろう
   ちょうどうちの国の目の前を通ってあの両国の前を横切りそしてぐるりと回って後ろに伸びる
('A`ミそれゆえに今まで攻める場所が少なく思うように勢力が伸ばせませんでしたからね
('A`)そのとうり今まではなんの役にも立たなかった川だが今回はその川を使う
('A`ミどのようにですか?
('A`)まず練炭兵の残りを計算したところ30万しかいなかった
('A`ミ30万…あの二つの国の総兵力は100万ですからぜんぜんですね
('A`)そのとおりはっきりいって守るので精一杯だ
('A`ミではどのように攻めるのですか?


37 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:30:06.07 ID:E70adW+v0
('A`)うん
   まず練炭兵20万をいつも通り正面からぶつける
('A`ミそんな…無茶です残りは5万で相手が総攻撃してきたら終わりですよ…
('A`)その相手の総攻撃を誘うのが作戦だ
('A`ミへ?
('A`)正面からの20万の練炭兵
   そして川を使って川を下り横から100万の兵を挟み込む5万の練炭兵
   少なくともこれで戦うことができる
('A`ミしかしそれではうまくいっても勝ち目はありませんぞ
('A`)そこでだ…さらに相手国の後方から川を下って奇襲部隊をさらに5万
('A`ミ…
('A`)これで総力戦をしていた両国は尻尾巻いて逃げ帰るだろうな
('A`ミ…
('A`)どうした?なにか問題でもあるか?
('A`ミい…いえ(やはりジョルジュ様の子でしたな
('A`)作戦実行は3日後ぐらいかな
('A`ミ3日ですか
('A`)では爺早速仕事だが戦いの準備とこれの紙の情報を各国にさりげなく広めろ
('A`ミわかりました
('A`)しかし2/14が3日後とは…
('A`ミなにか?
('A`)なんでもないんだ


38 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:30:39.20 ID:0jG9Id3hO
>>35
それと読点と句読点も


39 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:31:52.94 ID:E70adW+v0
>>35、>>38
さり気なくなくつけてみる


40 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:33:53.21 ID:E70adW+v0
( ^ω^)「…ひまだお」
( ゜е゜)「王様報告です」
( ^ω^)「なんだお?」
( ゜е゜)「先ほど捕まえた練炭兵が毒男国の情報をしゃべりました」
( ^ω^)「どんな情報だお?」
( ゜е゜)「はい、毒男国は4日後に正面より毒男国の全勢力で攻め込んでくるということです」
( ^ω^)「とうとう死ぬ覚悟ができたというわけだお」
( ゜е゜)「では、こちらも総力で立ち向かうのがよしかと思われますが」
( ^ω^)「それはいまからギコと話すお」


41 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:36:28.34 ID:Yx74wWXn0
wktk


42 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:36:39.70 ID:E70adW+v0
( ^ω^)「どうするお?」
( ゜Д゜)「総力で攻めるに決まってんだろゴルァ!!」
( ^ω^)「でも罠かもしれないお」
( ゜Д゜)「こっちの得た情報はあっちの全勢力のリストだ。残ってる兵隊合わせたところで何にもできやしねえぞゴルァ!!」
( ^ω^)「それもそうだお」
( ゜Д゜)「じゃあ、一日早い3日後に南に向け総攻撃するぞゴルァ!!」
( ^ω^)「わかったお」

ξ゚⊿゚)ξ「うちの国は攻撃対象に入ってないけど…本当にやるみたいねあの根暗」
ξ゚-゚)ξ「言い過ぎでは?」
ξ゚⊿゚)ξ「もうしらないわ」

l;;'A`!「タタカイマンドクセーナ」
l;;'A`!「ダリー」

(^^)「久しぶりに暴れられますね」
(^^)「いきましょうか」

(´・ω・`)「戦いか」
(`・ω・´)「シャキーン」

こうしてさまざまな思いが交錯する中,ドクの思惑通り戦場の歯車は再び回され始めたのであった


43 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:37:30.54 ID:8Qod9uMDO
>>1は句読点が苦手な予感


44 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:38:30.85 ID:E70adW+v0
今ので取りあえず2章まで終わりました
読みにくくてすいません


45 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:41:34.03 ID:E70adW+v0
第三章

ドクが作戦決行を言い渡してから3日後の夜も開けきらない午前3時

('A`)「ではマンドクセーガ今回の作戦を開始する」
l;;'A`!「ダリー」
('A`)「第一部隊進軍開始」
l;;'A`!「ダリー」
('A`)「第二、三部隊川を下れ」
l;;'A`!「ダリー」
('A`)「やる気出せよ」
l;;'A`!「ダリー」



46 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:42:02.86 ID:Yx74wWXn0
中々面白い


47 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:42:23.81 ID:KSRylfRB0
兵士wwwww


48 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:43:12.53 ID:E70adW+v0
その3時間後

( ゜Д゜)「全軍突撃敵の裏をかけゴルァ!」
(^^)「いきましょうか」
( ゜Д゜)「暴れてくるんだゴルァ!」
(^^)「おー」

時同じくしてvip国

( ^ω^)「いよいよ戦いだお」
(´・ω・`)「ショボーン」
( ^ω^)「うちの兵40万のうち5万は城で待機するお」
(´・ω・`)「はーい」
( ^ω^)「では残りの35万全軍進軍開始だお」
(`・ω・´)「おー」

そしてオリーブ国
ξ゚⊿゚)ξ「この戦いの間になぜ開戦したのかドクに聞いてきます」
ξ゚-゚)ξ「危険です、お止めください」
ξ゚⊿゚)ξ「護衛部隊を15人ほど連れて行くわね」
ξ゚-゚)ξ「…わかりました」


49 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:43:45.26 ID:E70adW+v0
こうして戦いの歯車は勢いよく回り始めたのであった


50 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:48:18.59 ID:E70adW+v0
そしてちょうど胡瓜、vip両国が毒男国へ続く道に差し掛かったとき

l;;'A`!「ダリー」
l;;'A`!「ダリー」
l;;'A`!「ダリー」

そこには大量の練炭兵がいたのであった
胡瓜、vip両国は我が目を疑った

( ゜Д゜)「なんで作戦がばれてるんだゴルァ!」
(^^)「これはこれは…」
( ^ω^;)「これはまずいお」

数で圧倒していた両国であったが、いきなりの練炭兵の襲来に士気を失っていた

( ゜Д゜)「しかし数では圧倒的だぞゴルァ!」
( ^ω^)「そ…そうだお怯まずいくお」

しかし、士気を失った両国の兵は次々に倒されていくのであった


51 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:51:30.19 ID:E70adW+v0
('A`)「そろそろ第二部隊の登場の時間かな…」

( ^ω^)「なんで数で勝ってるのにどんどん押されていっているんだお?」
(´・ω・`)「ショボーン」
( ゜Д゜)「ゴルァ!戦え」

ザッザッザッザ

( ^ω^)「なんだおこの音?」
(´・ω・`)「ブーン様東より練炭兵の増援です」
( ^ω^;)「そんな馬鹿なはずないお、東には川しかないお」
(´・ω・`)「その川から練炭兵が大量に進軍してきます」
( ^ω^;)「まずいお」
( ゜Д゜)「西は山があってとても逃げれそうにないぞゴルァ!」
( ^ω^;)「でも数で勝ってるおいくお」
( ゜Д゜)「さっきも聞いたぞゴルァ!」
( ^ω^;)「城からも援軍呼ぶお」
(´・ω・`)「わかりました」



52 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:54:02.64 ID:E70adW+v0
そして運命の時間

ドクは静かに言った

('A`)「第三部隊突撃」

(´・ω・`)「中央ではすごい戦いだね」
(´・ω・`)「関係ないけどね」

ザッザッザッザ

(´・ω・`)「なんか音聞こえない? 」
(´・ω・`)「足音みたいないなのが・・・」

l;;'A`!「ダリー」

(´・ω・`)「大量の敵が北の川からいきなり現れたよ」
(´・ω・`)「…ショボーン」
(´・ω・`)「総員戦闘体制」
(´・ω・`)「総員戦闘体制」

混乱の中では5万の兵も意味を成さず足早に城を明け渡す形で兵たちは逃げていった

l;;'A`!「カッタミタイダ」
l;;'A`!「ダリー」


53 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:54:42.75 ID:E70adW+v0
(´・ω・`)「ブーン様援軍が到着しました」
( ^ω^)「やったお一気に攻めるお」
(´・ω・`)「しかし援軍からの報告によりますと、城にも攻撃が行われているようです」
( ^ω^;)「やられたお」

('A`)「面白いように戦場で踊ってくれるなこいつらは」

北、東、南の三方向からの同時攻撃は、恐怖という鎧を身にまとい、どんどんと胡瓜、vip国の兵を飲み込んでいった


54 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:55:41.37 ID:E70adW+v0
ξ゚⊿゚)ξ「これはひどい…」

その様子を遠くから見ていた15あまりの影

ξ゚⊿゚)ξ「早くドクに会わなくちゃ」

そして、その日の夜には胡瓜、vipの両国の兵は半数以下に減っていた

( ゜Д゜)「まずいぞゴルァ!」
( ^ω^;)「やばいお」
( ゜Д゜)「…」
( ^ω^;)「…」

そしてその頃ドクは

('A`)「残りの兵力が20万か…潮時だな」

ドクが潮時と感じて撤退宣言をしようとしたその時だった、勢いよく窓ガラスを割って進入してきた者がいた


55 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:56:43.47 ID:E70adW+v0
ξ゚⊿゚)ξ「ドクゥゥゥゥ」
('A`)「なんだよツン驚かすなよ」
ξ゚⊿゚)ξ「いったいどういうつもり?」
('A`)「なにが?」
ξ゚⊿゚)ξ「いきなりこんな大きな戦いをするなんて馬鹿げているわ」
('A`)「もともと戦争してたんだから今頃攻撃する何が悪い」
ξ゚⊿゚)ξ「それはそうだけど・・・」
('A`)「それにこれは立派な不法侵入だよ」
ξ゚⊿゚)ξ「うっ…」
('A`)「死にたくなけれりゃさっさと帰れよ」
ξ゚⊿゚)ξ「…わかったわ
('A`)「物分りがいいようだな
ξ゚⊿゚)ξ「ふん」
('A`)「では今度は扉から出て行ってくれ」


56 :愛のVIP戦士:2007/02/04(日) 23:59:17.49 ID:E70adW+v0
バタン

ξ゚⊿゚)ξ「なんなのあれ?まったく腹立たしいわ」
('A`ミ「ツン様そうお怒りにならないでください」
ξ゚⊿゚)ξ「でもドクのあの態度」
('A`ミ「深い事情がありますゆえ…」
ξ゚⊿゚)ξ「せっかく人がみに来てあげたのに」
('A`ミ「坊ちゃんが心配ですかな?」
ξ///)ξ「そんなのじゃありません」
('A`ミ「そうですか」
ξ゚⊿゚)ξ「そうなんです」
('A`ミ「やはり心配でいらっしゃったのですか」
ξ///)ξ「だから違うと」
('A`ミ「しかし今回はそっとしてあげてください」
ξ゚⊿゚)ξ「…」
('A`ミ「今は解りませんがいずれ教えることができます」
ξ゚⊿゚)ξ「ではその日を待とうかしらね」
('A`ミ「すいません」
ξ゚⊿゚)ξ「いいのよあなたが悪いんじゃないし」
('A`ミ「…」
ξ゚⊿゚)ξ「じゃあ帰るわね」
('A`ミ「お気をつけて」
ξ゚⊿゚)ξ「じゃあさよなら」
('A`ミ「ツン様!!」
ξ゚⊿゚)ξ「なに?」
('A`ミ「上の階のガラス代は後ほど請求いたしますね」
ξ゚⊿゚)ξ「…いい仕事してるわね」
('A`ミ「いえいえ」


57 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:04:31.79 ID:aACxSjow0
wktk


58 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:04:52.19 ID:id6vk5xUO
支援


59 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:07:31.28 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「ツン様はお帰りになられましたが本当にこれでいいのですか?」
('A`)「これで良いと思うんだ」
('A`ミ「では私はそれに従うとしますか」
('A`)「迷惑かけてすまないね」
('A`ミ「お気になさらずに」
('A`)「ツンのおかげでだいぶ遅れたけどそろそろ撤退令を出してきてくれるかな」
('A`ミ「仰せの通りに」

こうしてドクの初めての戦いは終わったのであった



60 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:15:33.10 ID:b1FVtzcH0
( ^ω^)「なんてことだお」
( ゜Д゜)「兵数が1/3に…」
( ^ω^)「敵は強すぎたお」
( ゜Д゜)「…」
( ^ω^)「もっといっぱい協力するお!!それしかないお」
( ゜Д゜)「それは良いと思うぞゴルァ!」
( ^ω^)「そうと決まればボクたちの国を合併するお」
( ゜Д゜)「それはいいぞゴルァ!」
( ^ω^)「名前はうちの名前から取っていいかお?」
( ゜Д゜)「名前なんかどうでも良いぞゴルァ!」

こうしてvip連合国は創立されたのであった


61 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:16:01.40 ID:xqY7HTEeO
wktk


62 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:18:27.94 ID:b1FVtzcH0
各地で相次ぐ戦火
毒男国による容赦ない攻撃
やはり2/14の悪魔はドクに降りたのであろうか?


63 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:18:52.88 ID:b1FVtzcH0
('A`)「あの両国はやっと一つになった…これでもう分裂はしないだろう。あとはオリーブ国を動かすだけか…」
('A`ミ「どうしましょうか…」
('A`)「できれば武力は行使したくないんだがな」
('A`ミ「おっしゃるとおりで」
('A`)「しかしツンはてこでも動きそうにないしな」
('A`ミ「よくおわかりでw」
('A`)「しかたないからちょっとツンをさらって来い」
('A`ミ「簡単に言いますね」
('A`)「できないの?」
('A`ミ「だれもできないとは」
('A`)「じゃよろしく」
('A`ミ「…わかりましたよ」
('A`)「できるだけ内密になー」
('A`ミ「はいはい」



64 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:20:43.60 ID:b1FVtzcH0
第四章~誘拐

ξ゚⊿゚)ξ「ぁ゙ーもういったい何なのドクは、連絡もろくによこさない、城にも入れないなんて」
ξ゚-゚)ξ「まぁまぁ」
ξ゚⊿゚)ξ「それにこの戦い方はドクの父ジョルジュに似た攻め方だけど違うところもあるわ」
|ョA`ミ
ξ゚-゚)ξ「そこまでお調べになったんですね」
ξ゚⊿゚)ξ「あたりまえよ」
ξ゚-゚)ξ「心配なんですね…ドク様のことが」
ξ゚⊿゚)ξ「そう…って違います」
|ョA`ミ
ξ゚-゚)ξ「隠さなくてもいいのに」
ξ゚⊿゚)ξ「隠してなんかいません」
ξ゚-゚)ξ「ではそういうことにしておきます」
ξ#゚⊿゚)ξ「キーー」
ξ゚-゚)ξ…(さっきから誰かに見られている?
ξ゚⊿゚)ξ「どうかしたの?」
|ミ
ξ゚-゚)ξ「!!」
ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ」
ξ゚-゚)ξ「ツン様お茶のお変わりを入れてまいります」
ξ゚⊿゚)ξ「えぇいいけど」


65 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:20:58.12 ID:b1FVtzcH0
ξ゚-゚)ξ「何か用ですかセバスチャン?」
('A`ミ「おやおやもう見つかってしまいましたか」
ξ゚-゚)ξ「用件はなんですか?」
('A`ミ「あいかわらずお美しいですな」
ξ゚-゚)ξ「なんですか?」
('A`ミ「そうですね目的はツン様の誘拐です」
ξ゚-゚)ξ「誘拐ですか…」
('A`ミ「まったくうちの坊ちゃまにも困ったものです」
ξ゚-゚)ξ「ではさっさと誘拐していってください」
('A`ミ「いいんですか?」
ξ゚-゚)ξ「表面上はそとで私とアウトドアを楽しんでいるということにしておきます」
('A`ミ「ご迷惑おかけいたします」
ξ゚-゚)ξ「では行きましょうか」
('A`ミ「そうですね」


66 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:21:16.39 ID:b1FVtzcH0
ξ゚-゚)ξ「ツン様お茶が入りました」
ξ゚⊿゚)ξ「ありがとう」
ξ゚-゚)ξ「今回のお茶は特製ブレンドですよ」
ξ゚⊿゚)ξ「本当、いつもと違うわ、なんだか眠くなりそうよ」
ξ゚-゚)ξ「それはもちろん睡眠薬を少々ブレンドいたしましたからw」
ξ-⊿゚)ξ「それで眠いわけね」
ξ゚-゚)ξ「眠たくなりましたらここにお休みください」
ξ-⊿゚)ξ「ありがと」
ξ゚-゚)ξ「いえ」
ξ-⊿-)ξ「zzz…」
ξ゚-゚)ξ「相変わらず寝顔も可愛いですね…じゅるり」
('A`ミ「まったくです」
ξ゚-゚)ξ「早く運んでください」
('A`ミ「では2日後にお届けいたしますね」
ξ゚-゚)ξ「よろしく」


67 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:21:46.43 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「さてさて誘拐成功ですか」
ξ-⊿-)ξ「zzz…」
('A`ミ「ツン様ツン様起きて下さい」
ξ゚⊿゚)ξ「んぁ?」
('A`ミ「お目覚めいかがですかな?」
ξ-⊿゚)ξ「・・・?」
('A`ミ「ツン様?」
ξ゚⊿゚)ξ「なに?」
('A`ミ「突然のことで申し訳ありません、あなたを誘拐してまいりました」
ξ゚⊿゚)ξ「あらそう」
('A`ミ「驚かないんですね」
ξ゚⊿゚)ξ「わーたいへんだわー(棒読み」
('A`ミ「まぁそんなこと良いんです。ツン様はこれから少しの間、寝たふりをしてわれわれの会話を聞いてほしいのです」
ξ゚⊿゚)ξ「なんで?」
('A`ミ「坊ちゃまが話したくないことを話されれからです」
ξ゚⊿゚)ξ「…わかった」
('A`ミ「物分りが良くて助かります」
ξ゚⊿゚)ξ「ふん」
('A`ミ「では坊ちゃまを読んでまいりますゆえ寝たふりを」
ξ゚⊿゚)ξ「はーい」



68 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:22:47.75 ID:b1FVtzcH0

('A`ミ「坊ちゃんツン様の誘拐に成功いたしました」
('A`)「マンドクサイ中ご苦労」
('A`ミ「いえいえ」
('A`)「しかし…」
ξ-⊿-)ξ「zzz…(何で私がこんなこと」
('A`)「可愛い寝顔だな」
ξ///)ξボッ
('A`)「なんかいま赤くなんなかった?」
('A`ミ「気のせいですよ」
('A`)「そうか」
('A`ミ「そうです」


69 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:22:51.68 ID:aACxSjow0
投下早くなったなwwww


70 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:23:31.06 ID:b1FVtzcH0
('A`)「しかし、今からこいつを騙すと思うと良心が痛むね」
('A`ミ「いやならおやめになればどうですか?」
('A`)「それはできない相談だな」
ξ-⊿-)ξ「(さてどうやって騙すつもりかな?」
('A`ミ「しかし、本当に良いのですか?オリーブ国を攻めるなど」
('A`)「そうでもしないとこの眠り姫、戦おうともしないだろ」
('A`ミ「しかし、それではこちらには何のメリットも…」
('A`)「いまオリーブを攻撃しなかったらのちのち面倒になる」
('A`ミ「面倒とは何ですか?」
('A`)「この国が滅んだときに、オリーブだけが他の国と離れてしまう」
('A`ミ「しかし、絶対中立を誓っている国ですから、他の国も手は出さないのでは」
('A`)「この国がいなくなったら、残っているのはわずか2つの国しかない。そんな中での絶対中立に何の意味がある?」
('A`ミ「ですが後からでも協力体制をとれば問題はないのでは?」
('A`)「あとから入ってきた者よりはやく入った者のほうが優遇されるのはわかるだろ」
ξ-⊿-)ξ「…」
('A`ミ「…」
('A`)「こいつの国は今、協力体制の中に無理やりでも入れておかないと、こいつ自身が辛い思いをすることになる」
('A`ミ「解りました」
('A`)「では起こすとするか」


71 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:28:10.40 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「もしもしツン様おきてください」
ξ-⊿゚)ξ「んぁ?」
('A`)「馬鹿な顔だな」
ξ#゚⊿゚)ξ「なんですって」
('A`)「おっとお目覚めは最高のようだ」
ξ゚⊿゚)ξ「最悪よ」
('A`ミ「いきなりすいませんツン様、坊ちゃんがお話があるというので誘拐させていただきました」
ξ゚⊿゚)ξ「あらそう」
('A`)「驚かないんだな」
ξ゚⊿゚)ξ「なんだってー(棒読み」
('A`)「こいつウゼー」
ξ゚⊿゚)ξ「あらそう」
('A`)「さてツン、君をここに呼んだわけなんだが」
ξ゚⊿゚)ξ「なに?私の魅力に気付いてプロポーズしようっての?」
('A`)「よくわかったな」
ξ///)ξ「え」
('A`)「冗談だよ」
ξ#゚⊿゚)ξ「キー」
('A`ミ「坊ちゃまそろそろ本題を」
('A`)「そうだな…ツン、君の国に対して宣戦布告を行うよ」
ξ゚⊿゚)ξ「…なぜ?」
('A`)「理由は…そうだな進軍の邪魔だからだ」
ξ゚⊿゚)ξ「あらそう」
('A`)「じゃぁ用件は聞いてもらったし退室願おうかな」
('A`ミ「ツン様私がオリーブ国までお送りいたします」
ξ゚⊿゚)ξ「…さよなら」



72 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:29:11.11 ID:b1FVtzcH0
('A`)「あぁ用件はそれともう一つ」
ξ゚⊿゚)ξ('A`ミ「「え?」」
('A`)「さっきのプロポーズの話だけど、じつは冗談じゃなかったりするんだ」
ξ///)ξボッ
('A`ミ「ナンダッテー」
('A`)「じゃぁまた合えたらその時は式場で」
ξ゚⊿゚)ξ「くぁwセdrftgyふじこlp;@:「」」
('A`)「早く連れて行って」
('A`ミ「わかりました」


73 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:30:20.77 ID:tW4gSUE30
かっこええw


74 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:30:22.37 ID:aACxSjow0
ドクオ×ツンも悪くない


75 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:31:28.24 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「ただいま御連れいたしましたぞ」
ξ゚-゚)ξ「ずいぶんと早かったのね」
('A`ミ「では私はこれで」
ξ゚-゚)ξ「あらあら忙しい人」


76 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:32:38.70 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「ただいま帰りましたぞ」
('A`)「しかし一本とられたな」
('A`ミ「なにがです?」
('A`)「まさかツンをもともと起こしていたとはな」
('A`ミ「なんのことです?」
('A`)「俺が気付かないとでも思っていたのかな?」
('A`ミ「知りませんよ」
('A`)「まぁしらを切るならそれでもいい」
('A`ミ「申し訳ございません」
('A`)「いいんだよ多分俺も聞いてほしかっただろうから」
('A`ミ「しかしですね…」
('A`)「他になにか問題でも?」
('A`ミ「ツン様へのプロポーズですよ」
('A`)「あぁ」
('A`ミ「どうするおつもりです?」
('A`)「なるようになるんじゃないの?」
('A`ミ「なるようになりますかね」


77 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:33:17.59 ID:b1FVtzcH0
この誘拐の後すぐにオリーブ国はvip連合国の傘下に入り事実上四国戦争は二つの国の戦争になった


78 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:33:40.05 ID:b1FVtzcH0
ξ゚⊿゚)ξ「これでよかったんだよね」
ξ゚-゚)ξ「わかりません」
ξ゚⊿゚)ξ「でもこれでドクの思い通りにすべてがそろったわけね」
ξ゚-゚)ξ「…」


79 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:34:06.02 ID:b1FVtzcH0
こうして預言書の通りに4つに割れた大地は2つになったのであった


80 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:38:50.36 ID:xqY7HTEeO
指摘うけてから少し読みやすくなったな


81 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:39:25.91 ID:b1FVtzcH0
第五章~再起動

('A`)「やっとすべてがそろった」
('A`ミ「そうですね」
('A`)「あとは俺が死ぬだけか」
('A`ミ「しかしそれではツン様へのプロポーズは?」
('A`)「かわいそうだがしかたのないことだ」
('A`ミ「…」
('A`)「頼むからそんな顔をするな、こっちまで悲しくなる」
('A`ミ「しかし、これではあまりにも酷すぎます」
('A`)「そうでもないさ、今までの戦いのように荒れ地を残すのではなく平和も残す」
('A`ミ「しかし荒れ地も残ります」
('A`)「爺はうるさいな…そうだな兵士全員にこの巾着を配れ」
('A`ミ「何がはいってるんです?」
('A`)「それはな…ツンの好きだったコスモスの種だよ」
('A`ミ「…」
('A`)「俺たちが死ねばその体の血肉を使ってこの花を咲かせる。死体の山はコスモスの山に変わるさ」
('A`ミ「それでツン様はお喜びなられるでしょうかね」
('A`)「悲しむだろうね…でもそれでもやらなければいけない」


82 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:39:58.18 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「まさに預言書のとおりですね」
('A`)「この予言は少し違うところがあるがね」
('A`ミ「そうですか?」
('A`)「まず最初に、この偉大な悪ってところだが父は偉大な馬鹿だったな」
('A`ミ「たしかに」
('A`)「それにもう一つ、誰も理解しないというのも嘘だ、現にお前とツンはこのことを理解している」
('A`ミ「さようですね」
('A`)「俺としては、悲惨な最期という奴を待つだけなんだがね」
('A`ミ「…」


83 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:48:24.49 ID:b1FVtzcH0
('A`)「決戦は明日だ」
('A`ミ「わかっております」
('A`)「月が綺麗だな」
('A`ミ「はい」
('A`)「なんだかガラスが曇っているようだ、あまりうまく月が見えない」
('A`ミ「何を言ってらっしゃr…そうですね、もう何も見えないくらい曇ってます」
('A`)「あとで拭かないとな」
('A`ミ「あとでやっておきましょう」
('A`)「すまない」
('A`ミ「では今夜はこれくらいでお休みになられてください」
('A`)「そうだな」
('A`ミ「ではお休みなさいませ」
(-A`)「今日は特別眠い」
('A`ミ「…」
(-A-)「このまま目が覚めないでほし・・・zzz」
('A`ミ「坊ちゃま」
(-A-)「zzz」
('A`ミ「なんとしてでも悲惨な最期は私が食い止めます、 たとえこの体を犠牲にしようとも」
(-A-)「zzz」


84 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:49:13.42 ID:QWkO4Pn70
http://up.viploader.net/src/viploader1183.mp3_9qoaUurrBWb6CZMAoTpA/viploader1183.mp3


85 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:51:00.71 ID:b1FVtzcH0
その日一通の手紙が出された

あて先はツンの元であった

お元気ですかツン様
この手紙をあなたが読んでいる頃には、すべて終わっていることでしょう
私は、今この手紙を書きながら明日の戦いの準備をしています
明日の戦いで私は死ぬでしょう
いえ死ななくてはいけません
故にもう会うこともできないでしょう
だからこうして今手紙を書いています
私の作戦が思うように動いていれば、きっといいことが起きているでしょう
私の作戦が失敗しても、いいことが起きているでしょう
もしあなたの元に、坊ちゃまが行きましたらこう伝えてください
あなたは最高の王であり孫でした

毒男国国王ドク様付き執事マンドクセー・d・セバスチャン

そして運命の決戦の日当日


86 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:53:04.73 ID:b1FVtzcH0
('A`)「諸君!!我々はこれを最後の闘いとする!!死力を持って敵を殲滅せよ」
l;;'A`!「オー」
('A`)「諸君は最高だそ!!して私についたことを誇りに思ってくれ」
l;;'A`!「オー」
('A`)「では全軍突撃!!」
l;;'A`!「オー!!」

('A`)「すまない、みんな」


87 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:53:34.32 ID:b1FVtzcH0
( ^ω^)「今度の情報は確かかお?」
( ゜Д゜)「本当みたいだぞゴルァ!!」
( ^ω^)「それならいいんだお」
( ゜Д゜)「しかし待ち伏せとは暇だぞゴルァ!!」
ξ゚⊿゚)ξ「うるさい人ね」

ドクの作戦は、ドクの手によって連合国に知れ渡っていたのである

l;;'A`!「ススメー」

そんなことをまったく知らない練炭兵たちは死の道を進んでいくのであった



88 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:55:36.59 ID:b1FVtzcH0
ザッザッザッザ
( ^ω^)「きたお」
( ゜Д゜)「こりゃすげーぞゴルァ!」
( ^ω^)「全軍だお全軍来ただお」
( ゜Д゜)「こっちも全員突撃だゴルァ!」

l;;'A`!「ナニ?ナマエカランカイッパイキテルヨ」

(`・ω・´)「今度は負けないシャキーン」

l;;'A`!「ウシロカラモキテルヨ」

(^^)「さてさて」

l;;'A`!「ウワァァァーニゲミチガナイヨォォ」
(^^)「死んでください」
l;;'A`!「ギャ」
(`・ω・´)「帰るんだ」
l;;'A`!「イテ」
(^^)「消えてください」
l;;'A`!「ヒデブ」
(`・ω・´)「もうくるな」
l;;'A`!「アベシ」
( ^ω^)「死ぬんだお」
l;;'A`!「ウッ」

こうして何もできないまま毒男国の練炭兵たちは散っていったのであった


89 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:56:51.55 ID:id6vk5xUO
支援


90 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:57:21.59 ID:id6vk5xUO
支援


91 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:57:52.92 ID:b1FVtzcH0
最終章~最終決算

( ^ω^)「次は城を攻めるお」
ξ゚⊿゚)ξ「ついに城を攻めるのね…」
( ^ω^)「どうしたんだお?いやなのかお?」
ξ゚⊿゚)ξ「そんなことは…ない…けど」
( ゜Д゜)「行くぞゴルァ!」



92 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 00:58:02.68 ID:tW4gSUE30
こんなに毒がかっこいいと思ったのは久々


93 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:02:38.20 ID:b1FVtzcH0
('A`ミ「坊ちゃま、全軍敗退いたしました」
('A`)「そうか」
('A`ミ「敵全軍がこちらに向かっております」
('A`)「ではこの城に残っている者は全員逃げろ」
('A`ミ「ではそのように伝えてきます」
('A`)「これで終わりだな」



94 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:05:28.68 ID:b1FVtzcH0
( ^ω^)「ここが城かお?もぬけのからだお」
( ゜Д゜)「尻尾巻いて逃げやがったんだぞゴルァ!!」
('A`)「おいおい逃げちゃいないよ」
ξ゚⊿゚)ξ「ドク!!」
('A`)「俺を殺すんなら自分で来れば良いさ」
( ^ω^)「罠かお?」
( ゜Д゜)「どうでもいいからいくぞゴルァ!!」
('A`)「ちょっとまってくれ、最後に聞いてくれ俺の最後の言葉を」
( ^ω^)「…」
('A`)「それくらいかまわないだろ?」
( ゜Д゜)「んなもんだめにきまt」
( ^ω^)「わかったおきくお」
( ゜Д゜)「!!」
('A`)」ありがとう…では最後の話に付き合っていただきたい」


95 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:06:48.47 ID:b1FVtzcH0
('A`)「我はこの偉大なる毒男国の王ドク、かの有名な悪魔ジョルジュの正当なる息子である。 
   私の父は悪を尽くした…そしてまた私も悪を尽くした、故に我が血は悪で染まっている。
   故に我は絶対悪なり、 我は悪故に我を殺すのは正義のみ、故に我を殺すものをここで許す。
   さぁ正義の子達よ存分に悪を殺したまえ」
( ^ω^)「…」
('A`)「ではさっさとここに来て殺してくれ」
( ^ω^)「わかったお」
('A`)「できればなるべく早くしてくれよ」


96 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:09:31.51 ID:b1FVtzcH0
コツコツコツ
('A`)「足音か…思えば詰まんない人生だったな」
コツコツコツ
('A`)「ツン…悪いことをしたな、他のいい男を捕まえてくれ」
コツコツコツ
(;A;)「シヌノハマンドクサイナ」


97 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:09:56.86 ID:b1FVtzcH0
ガチャリ


98 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:10:42.71 ID:id6vk5xUO
支援


99 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:16:44.58 ID:b1FVtzcH0
('A`)「遅かったな」
('A`ミ「そうですか?」
('A`)「!!」
('A`ミ「驚かれましたかな?」
('A`)「何をしている、さっさと逃げろ」
('A`ミ「それはできません」
('A`)「それにその格好…」
('A`ミ「あなたにはここで死んでもらいます」
('A`)「そんな…」
('A`ミ「他のものに殺されるくらいなら、私が殺します」
('A`)「悲惨な最期とは、こういうことだったのか…さすがにこれは悲惨すぎるな」
('A`ミ「お許しください」
('A`)「しかたない」
('A`ミ「では」
('A`)「でもここで死ぬわけには」
('A`ミ「そうですか」
('A`)「うわぁぁぁぁ」

ドス



100 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:17:27.76 ID:b1FVtzcH0
バーン

( ^ω^)「悪の王ドク正義の名の元に貴様を処刑する」
('A`)「マンドクセ」
( ^ω^)「さよなら…できるだけ痛くないように殺すよ」
('A`)「せわをかけるね」

こうして悪の大王は死んだのであった

そのごドクの顔は三日三晩さらされ続けた


101 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:17:31.14 ID:bAeBqfNp0
これはwwwwwww
セバスチャンいい奴フラグwwww


102 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:22:15.99 ID:xqY7HTEeO
うはwwwセバスチャン惨殺


103 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:24:34.10 ID:id6vk5xUO
先読み厨は(ry


104 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:24:55.56 ID:xaj/L/HxO
支援


105 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:25:10.57 ID:b1FVtzcH0
そして平和が訪れた…
練炭兵の死体の山は、いつしかコスモスの咲き乱れる丘となっていた
そんなコスモスが咲き乱れる中に、ぽつんと一つ墓が立っている
そこには、毒男国王マンド・n・ドクここに眠る
と記されていた


106 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:26:03.79 ID:b1FVtzcH0
ここで終わるつもりだったんですが
ここからもう一分張りしてみます
誰かさんのために


107 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:29:21.82 ID:9bW6Hr/+O
支援


108 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:29:47.77 ID:id6vk5xUO
支援


109 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:32:29.27 ID:b1FVtzcH0
おまけ~絨毯より赤いもの

そして平和が訪れた…
練炭兵の死体の山は、いつしかコスモスの咲き乱れる丘となっていた
そんなコスモスが咲き乱れる中に、ぽつんと一つ墓が立っている
そこには、毒男国王マンド・n・ドクここに眠る
と記されていた
そこに現れた巻き髪の少女


110 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:34:57.01 ID:b1FVtzcH0
ξ゚⊿゚)ξ「ねぇドク結婚式どうなったの?」
ξ゚-゚)ξ「お嬢様…」
ξ゚⊿i)ξ「セバスチャンいいことってなに?」
ξ゚-゚)ξ「…」
ξi⊿i)ξ「こんな平和うれしくないよ…戦っててもいい、みんないてほしかったよ」


111 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:36:30.70 ID:b1FVtzcH0
(  )「君はそんなにその悪の王が好きだったのかい?」
ξ///)ξ「すっすすきだったわよよ」
(  )「そうか、あんたも物好きだな」
ξ゚⊿゚)ξ「あんた誰よ」
(  )「俺かい?俺はただの通りすがりさ」
ξ゚-゚)ξ「さっさとフードを取ったらどう?」
(  )「おっと、あいかわらずおっかないねぇ」
ξ゚-゚)ξ「あいかわらず?」
(  )「口が滑ったようだ」
ξ゚-゚)ξ「さっさと正体を現しなさい」
(  )「だけど…」
ξ゚⊿゚)ξ「さっさととりなさいよ」
(  )「わかりましたよ」



112 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:38:34.64 ID:b1FVtzcH0
バサァ


113 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:46:53.25 ID:b1FVtzcH0
(  )「これでいいかな」
ξ゚⊿゚)ξ「変わってないわよ馬鹿」
ξ゚-゚)ξ「貴様、殺すぞ」
(  )「おっかないなぁ」
ξ#゚⊿゚)ξ「キー」
(  )「ははは」
ξ゚-゚)ξ「さっさと脱げ」
(  )「ちょwwwwやめwwww脱げる」


114 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:47:48.89 ID:b1FVtzcH0
パサリ


115 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:50:08.98 ID:b1FVtzcH0
('A`)「…やぁ」
ξ゚⊿゚)ξ「…」
('A`)「もしもし?」
ξ゚-゚)ξ「…」
('A`)「あーあ言葉なくしてるよこの二人」
ξ゚⊿゚)ξ「なんであんたが」
ξ゚-゚)ξ「ここにいらっしゃるんです」
('A`)「いやねこの墓標でも書き加えにこようかなと思って」
ξ゚⊿゚)ξ「書き換える?」
('A`)「取りあえずどいてくれるかな?」


116 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:51:41.05 ID:b1FVtzcH0
そういうとドクは墓標の裏にマンドクセー・d・セバスチャンと書き加えた


117 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:53:10.35 ID:50IxNir3O
これは・・・泣ける(;_;)


118 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:56:06.28 ID:b1FVtzcH0
ξ゚-゚)ξ「説明をお願いできますか?」
('A`)「いいよ・・・」



119 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:56:26.50 ID:iioL+mTqO
支援


120 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 01:58:50.48 ID:b1FVtzcH0
('A`)「あの時俺は爺に殺されかけた…そして殺されなかった」

('A`ミ「そうですか」
('A`)「うわぁぁぁぁ」

ザシュ

('A`)「ハハハ爺はつよいなぁ」
('A`ミ「すいませんね」
('A`)「いいんだよ…君に殺されるなら本望ださぁ殺してくれ」
('A`ミ「わかりました…さようならドク様」
('A`)「今までありがとうセバスチャン」

ドス

('A`)「ドス?」
('A`ミ「年寄りの最後のわがままを聞いてやってください」

こうして俺の意識は闇に堕ちた

('A`)「そして目が覚めたら川の上でどんぶら


121 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 02:00:47.14 ID:b1FVtzcH0
すいません切れてたみたいです

こうして俺の意識は闇に堕ちた

('A`)「そして目が覚めたら川の上でどんぶらこっこどんぶらこっこと流れていたわけ、そして、爺の手紙によると続きはこう」

('A`ミ「さて私も準備をしますか…」

ジョリ

('A`)「さっぱりしましたね…格好もそっくりです」
(-A-)「うぅ」
('A`)「では川に流しますか…」
(-A-)「セバスチャ」
('A`)「さよならです坊ちゃま…あなたに会えてよかった」



122 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 02:02:21.97 ID:b1FVtzcH0
('A`)「死を待つのも悪くないものです」
('A`)「…」

バーン

( ^ω^)「悪の王ドク正義の名の元に貴様を処刑する」


123 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 02:08:54.58 ID:b1FVtzcH0
('A`)「というわけさ」
ξ゚⊿゚)ξ「じゃぁ殺されたのは…」
('A`)「あの糞爺だよ」
ξ゚⊿゚)ξ「…」
('A`)「まったく馬鹿なことをしてくれたもんだな」
ξ゚⊿゚)ξ「でも顔が…」
('A`)「昔見せただろ爺の肖像画…」
ξ゚⊿゚)ξ「あんたそっくりだったわね」
('A`)「あの爺なよくよく調べたんだが、5代前の王様の隠し子の家計だったんだよ」
ξ゚⊿゚)ξ「それで良く似ていたのね」
('A`)「さて用はすんだし帰るな」
ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと待ちなさいよ」
('A`)「なに?」
ξ゚⊿゚)ξ「その爺から伝言を預かってるわ」
('A`)「やっぱりか」
ξ゚⊿゚)ξ「あなたは最高の王であり孫でした」
('A`)「けっ」
ξ゚-゚)ξ「あの人はやはり、あなたのために死んだんですね」
('A`)「残念ながらそうだ・・・では改めてさようなら」


124 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 02:10:07.11 ID:b1FVtzcH0
ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと」
('A`)「まだなにかあるのか?」
ξ///)ξ「その…あの…」
('A`)「なんだよ」
ξ///)ξ「うぅぅ」
ξ゚-゚)ξ「ドク様!!」
('A`)「ハイィィ」
ξ゚-゚)ξ(ツン様はプロポーズのお言葉をお待ちになっておられます
('A`)(えーまだ覚えてたの?
ξ゚-゚)ξ(まさか冗談だったとか?
('A`)(…
ξ゚-゚)ξ(殺しますよ
('A`)(あんたにはかなわない
ξ゚-゚)ξ「それはどうも」
ξ///)ξ「あのその…」
('A`)「なぁツン…俺が流されてたとき懐に入ってたんだが貰ってくれるかな?」
ξ///)ξ「なに?この箱?」
(*'A`)「多分あの爺の形見さ」
ξ゚⊿゚)ξ「指輪…」
('A`)「…」
ξ゚-゚)ξ(セバスチャン…最後までG・J!!
('A`)「結婚してくれないかな?ツン」
ξ///)ξ「わたしでいいのなら…」


125 :愛のVIP戦士:2007/02/05(月) 02:11:00.75 ID:b1FVtzcH0
いま俺は赤い絨毯の上をそれに負けないくらい赤い顔で歩いてくる巻き髪の女性を待っている
昔の名前は捨てて今はドクオと名乗っている
空を見上げるやたらと綺麗な空が広がっていた
神父が誓いのキスとか言っている
目の前の女性は驚きで言葉をなくしている
俺はそっと唇を奪ってやった
同時に女性は倒れた
なぁ爺見てるか?
世界はあんたの思い通りになったよ

~完
スポンサーサイト



トラックバックURL:http://mainitigamanndokuse.blog60.fc2.com/tb.php/153-f86d32fa
100 KB? [ FC2が運営している 超格安料金 レンタルサーバー ]

新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 コメント(0) トラックバック(0)
名前: E-mail:


Pass:
URL.:


2ch-read.cgi風 ver 00.0.0.2 2005/01/27
ユウ◆ 悠々蒼天 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。